ニュース
VR

ホテルリネンのいくつかの質感とその長所と短所は何ですか?

5月 23, 2024

共通の概念:


1. 糸の細さ


糸の繊度の表現は、一般に固定長方式と固定重量方式の2つに分けられます。


a.固定長システム


固定長法にはテックス法(メートル法)とデニール法(ヤード・ポンド法)の2種類があります。 

一般的に、純粋な化学繊維フィラメントと天然長繊維フィラメントの繊度を示すために使用されます。


b.固定重量システム


固定重量法にはメートル法(メートル法)とヤード法(インペリアル)の2種類があります。ここでのみ焦点を当てます 

一般的に使用されるインペリアル番手。通常、純綿糸とポリエステル糸の細さを示すために使用されます。 

表内 


インペリアル番手は、一般的な水分回復率 (約 9.89%6) での糸 1 ポンドあたりの本数として定義されます。 

これは 840 ヤードという数字で、多くの場合「S」で表されます。純綿糸などの公的な水分回復率(約9.89%6) 

重量が11ポンドの場合、長さは40×840ヤード、つまり33600ヤード、綿糸は40、一般的に使用される「40S」、一般的に 

つまり、糸の数が多くなるほど、糸は細くなり、紡績は難しくなり、工程が増え、設備も高くなります。 

綿の品質の要件、量(綿のパイル長の要件)が高いほど、 

糸1トン当たりの価格(マーサ・アンディが厳選した新疆の高品質長繊維綿)、その違いを理解するのは難しくありません。 

生地40枚と生地6枚の価格です。



2. 密度


密度 - 織物の単位長さあたりの糸の根の数を示すために使用されます。通常、糸の根は 1 インチまたは 10 センチメートルで、中国では 

国家規格では、密度を表すために糸の根元を 10 センチメートル使用することが規定されていますが、繊維企業は依然として 1 インチを使用することに慣れています。 

糸の根元の密度を表します。経糸密度と緯糸密度に分けられます。


a. 経糸密度 -- 生地の長さ方向。この方向の糸は縦糸と呼ばれます。 1インチ内に配置されている糸の本数が経糸密度(経糸密度)です。


b. よこ糸の密度 -- 生地の幅方向。方向性のある糸を緯糸といい、1インチ以内に並んでいる糸の本数を緯糸といいます。 

密度(緯糸密度)。ホテルリネンでよく見られる「40X40/110×90」とは、経糸と緯糸が40本、経糸と緯糸の密度が110,90であることを意味します。


3.幅


幅 - 生地の有効幅。通常はインチまたはセンチメートルで表され、一般的には 36 インチ、44 インチ、56 ~ 60 インチなどです。 

それぞれナロー、ミディアム、ワイドと呼ばれ、幅が60インチを超える生地、一般に広幅の生地と呼ばれ、今日の中国の超広幅の生地 

幅は360センチメートルに達することもあります。幅は通常、密度の後にマークされます。


4. 重量(グラム)


グラム重量 - 生地のグラム重量は、通常、生地の重量の平方メートルのグラム数です。 VISAテーブルクロスのグラム数 

ホテルで使用される生地の重要な技術指標です。


5.先染め


先染め - 日本では「先染め生地」と呼ばれ、最初の糸またはフィラメントを染色し、その後色糸を使用して織るプロセスを指します。この生地は 

「先染め織物」と呼ばれる、先染め織物工場の生産は、一般的にVISAのあるホテルなどの染織工場と呼ばれます。 

市松模様のテーブルクロスと一部のベッドタオルの生地はカラー生地です。



生地の分類


1、分類されたさまざまな処理方法による


(1) 織物:縦方向に配列された糸、つまり横系と縦系の糸を織り交ぜて構成された布地 

特定の法律に従って織機を使用すること。


(2)編物:糸を円形に編んで形成された生地であり、緯編と経編に分けられる。


(3) 不織布: 緩い繊維が結合または縫い合わされています。現在、接着法と穿刺法という 2 つの方法が主に使用されています。


2、生地糸原料分類によると


(1) 純粋な織物: 生地の原料はすべて同じ繊維で作られており、綿生地、ウール生地、シルク生地、ポリエステル生地などが含まれます。


(2) 混紡生地: 生地の原料は、次のような 2 種類以上の異なる繊維を混紡して糸にします。 

ポリエステルビスコース、ポリエステルニトリル、ポリエステル綿、その他の混紡生地。


(3) 混合生地: 生地の原料は 2 種類の繊維の単糸で作られ、ストランド状に融合して作られます。 

低弾性ポリエステルフィラメントとポリエステル中長繊維、ポリエステル短繊維と低弾性ポリエステルフィラメント。


(4)交織生地:生地の2方向を構成する原料がそれぞれ異なる繊維糸からなる。

(ホテルリネンのベッドスカート生地やベッドエンドタオル生地のほとんどは織り交ぜ生地です)


3、生地原料の組成による染色分類


(1) 白生地:未晒の原料を生地に加工したもので、絹織物は原料生地とも呼ばれます。


(2) 色織物: 原料または装飾糸を漂白および染色した後、織物に加工され、絹織物とも呼ばれます。 

調理された生地。



4、生地の構造に応じて、無地、ツイル、サテン、ジャカード組織に分けられます。


無地、ツイル、サテン、ジャカード生地とも呼ばれ、ホテルの掛け布団カバー、枕カバー、ベッドシーツなどによく使われるこの 3 つの生地は、 

最もよく使用されます。(サテンストリップ生地、バックグリッド生地、大判ジャカード生地は、1 つ以上の組織の組み合わせであり、特定の 

説明は特定の生地と組み合わせる必要があります)。


5. 新規生地の分類


(1) 接着布: 2 枚の布を裏合わせにして作られています。 (ホテルのリネンは通常使用されません)。


(2) 植毛加工布: 布地は短くて緻密な繊維の綿毛で覆われており、ベルベット状で、衣類や装飾品として使用できます。 

材料。 (一部のホテルのカーテンはそのような生地です)。


(3) 発泡積層生地:基布として織物や編物に発泡体を貼り合わせたもので、主に防寒衣料の素材として使用されます。 

(ホテルでは通常使用されません)。


(4) コーティング生地:織物や編物をポリ塩化ビニル(PVC)やネオプレンゴムなどでコーティングしたもので、防水性に優れています。 

関数。 (ホテルのシャワーカーテンなど)。


3. 混同されやすいいくつかの概念を区別するために特に注意してください。


1、先染めと捺染:


a.先染め - 糸を染め、色付きの糸を使って布地を織ります。たとえば、多くのホテルで使用されているチェック柄のテーブルクロスなどです。


b.捺染と染色 - 織った後の布地を捺染して、豊かな模様を施した多数の捺染布地などを作ります。


2. ブレンドと織り交ぜる


a.ブレンド - 紡績プロセスで 2 つ以上の異なる繊維をブレンドし、ブレンドした糸で布を織ること。


b.インターレース - 織るときにさまざまな種類の糸または繊維フィラメント (束) で作られた生地。




基本情報
  • 年設立
    --
  • 事業の種類
    --
  • 国/地域
    --
  • メイン産業
    --
  • 主な製品
    --
  • エンタープライズリーガル人
    --
  • 総従業員
    --
  • 年間出力値
    --
  • 輸出市場
    --
  • 協力したお客様
    --
Chat with Us

お問い合わせを送ってください

別添:
    別の言語を選択してください
    English
    Español
    العربية
    français
    ภาษาไทย
    Português
    Deutsch
    日本語
    한국어
    русский
    現在の言語:日本語